筋トレでの変化が現れる期間について解説

メンタル

どーも、亀オです。

筋トレをこれから始めようとしている人にとって、どのくらいでやれば変化が現れるかって気になりますよね。今回はそんな方へ向けて記事を作成しました。

この記事を読むことで、以下の事が理解できます。

  • 筋トレによる変化が現れる期間がわかる
  • 最速で変化をもたらす方法がわかる

ぜひ最後までお付き合いください。

筋トレによる変化が現れる期間

筋トレによる変化が現れるのは、およそ1〜3ヶ月ほどでしょう。もちろん個人差はありますが、しっかりとコミットする事で大半の人はこのくらいの期間で変化を実感できます。

では、具体的な変化の現れ方について解説していきます。

体重の変化

1番変化が分かりやすい指標として、体重の変化が挙げられます。変化の期間でいうと、早い人であれば1週間で変化できるでしょう。筋肉をつける目的の人であれば、体重が増えていれば変化しているわけです。逆にダイエット目的であれば、減少している事で変化を実感できます。

体重の変化は短期的にに感じることのできる指標であり、変化することによるモチベーションはさらに頑張る意欲をもたらしてくれます。始めたての頃はしっかりとコミットし、モチベーションの獲得を目指しましょう。

見た目の変化

次に筋トレによる見た目の変化が挙げられます。見た目は体重ほど早く効果は出ないですが、2ヶ月ほど継続すれば、かなり見違えるはずです。

見た目がはっきりと変化しだす2ヶ月間の継続は結構きついと思います。なので初めは体重の変化をモチベーションに頑張ってみましょう。そして自分の変わった姿を想像することもモチベーション維持につながりますので、ぜひ参考にしてみてください。

使用する重量の変化

3つ目に使用重量の変化が感じられます。筋トレをしている人にとってこれほどモチベーションになることはありません。はっきり言ってめちゃくちゃ快感です。

使用重量の変化はおよそ1ヶ月〜2ヶ月で感じられるでしょう。そのためにも過負荷の原則を理解し、毎回のトレーニングで限界突破をする事が大切です。毎回同じ負荷だと成長がないので注意しましょう。

最速で変化をするために大切なこと

筋トレの効果をより早く実感できる方法として、食事内容の徹底トレーニング部位選定モチベーション維持について解説していきます。

食事内容の徹底

食事制限は体を変化させる上で、最も重要な項目です。体重の変化にしろ、見た目の変化にしろ食事が全てを司っています。

具体的には、体重の増減にはモロに影響してきます。見た目の部分でも、筋肉を大きくするためだと、摂取カロリー>消費カロリーにならないと筋肉は大きくなりません。

反対に、ダイエット目的であれば、摂取カロリー<消費カロリーとにならなければ、いつまで経っても痩せることはできないですよね。

食事の変更による変化は、効果が現れる期間が短いのが特徴です。なので最初は食事内容の変更を重点的にコミットしていきましょう。

トレーニング部位の選定

変化が出やすい部位として、大胸筋があげられます。もちろん他の部位も重要な要素ですが、最初はこの2つの部位を重点的に鍛える事で、より強く変化を感じる事ができます。

大胸筋と腕は、体脂肪がつきにくい部位であり、トレーニングの効果がより早く現れてくれます。他の部位を週1回で鍛え、大胸筋と腕だけ週2回鍛えるなど、優先的にトレーニングをしてみてください。

最初のモチベーションという観点では、効果的な方法です。ぜひお試しください。

モチベーション維持

筋トレをはじめて、変化が出る前にモチベーションがなくなり継続できなくなる人も多いのではないでしょうか。そこで必須となるのが、モチベーション管理です。

モチベーションを保つ方法として、変わった姿を想像する事が重要です。変わった自分が、どんなに楽しくなるかを想像するだけでもう楽しいですよね。

そして、実際に変化してくると、周囲の人が変わったあなたに気づきます。そして周りの人に、痩せた?大きくなった?など言われると、もう嬉しくてやめられなくなっちゃいます。まずは周囲の人に気付いてもらえるまで頑張ってみましょう。

まとめ

最後におさらいをしてみましょう。

  • 筋トレの変化が現れるのは、1〜3ヶ月程度
  • 体重、見た目、使用重量に変化が現れる
  • コツは最初にコミットし、周囲の人に気付いてもらうまで継続

これで大体の目安が理解できたと思います。さあ、もうジムに行くだけです。ぜひ頑張ってください。