筋トレ効果を加速させるマルトデキストリンについて【効果・摂取方法を解説】

サプリメント

どーも、亀オです。

今回は筋トレの強い味方となる、マルトデキストリンについての解説です。

以前の僕も、マルトデキストリンにこんな疑問を持っていました。

筆者の過去の疑問
  • マルトデキストリンの効果って何?
  • どんなタイミングで飲むの?

このような疑問を解決できる内容となっております。

本記事の内容
  • マルトデキストリン摂取のメリットについて
  • 効果的なマルトデキストリンの摂取方法

最後までお付き合いいただき、マルトデキストリンについての理解を深めていきましょう。

筋トレ効果を加速させるマルトデキストリンについて

マルトデキストリン摂取のメリットとしては、以下のものが挙げられます。

マルトデキストリンのメリット
  • 筋肥大の促進
  • エネルギー源の常時補給が可能

これらを順番に見ていきましょう。

筋肥大の促進

筋肥大を促進する理由として、タンパク質の吸収を補助するという働きが大きく作用します。

マルトデキストリンの吸収速度が関係しており、プロテインとの相性が良いとされています。

マルトデキストリンは、でんぷん由来の炭水化物としてのサプリメントです。

炭水化物はタンパク質と摂取することで、インスリンの分泌によってタンパク吸収率を最大化する効果があります

プロテインの吸収速度とマルトデキストリンの吸収速度が、とても近いタイミングなことが効果を最大化する要因となるようですね。

プロテインが筋肉に届くタイミングでマルトデキストリンによるインスリン分泌が開始され、筋肉に継続的にタンパク質を供給してくれるというわけです。

吸収の早いパン・うどん・白米などのタンパク質をプロテインと一緒に摂取すると、インスリン分泌のタイミングと合わないのでマルトデキストリンの方が効果的と言えるわけですね。

エネルギー源の常時補給が可能

マルトデキストリンは血糖値を徐々に上げていくので、長時間にわたりエネルギー源を供給してくれます。

トレーニング中に常時エネルギーを放出してくれることで、最後のメニューまで100%の力を出すことができるわけです。

これにより高負荷でのトレーニングを可能にしてくれたり、追い込み不足を防いでくれたりします。

さらにエネルギー切れを防いでくれるので、筋分解の抑制といった効果も期待できます。

体内の糖質由来のエネルギー源が枯渇すると、筋肉を分解しエネルギー源に変換するといった働きが作用します。

いわゆるカタボリックというやつですね。

マルトデキストリンの常時エネルギー放出によって、カタボリックを大きく防いでくれますね。

マルトデキストリン以外の炭水化物の摂取も行いたいポイントですが、トレーニング終盤でのエネルギー切れが考えられます。

マルトデキストリンの活用がこれらを防いでくれるので、ぜひ検討してみましょう。

効果的なマルトデキストリンの摂取方法

効果的な摂取方法は、以下ものが挙げられます。

効果的な摂取方法
  • プロテインに混ぜる
  • ワークアウトドリンクに混ぜる
  • トレーニングの1時間前に摂取

それぞれの最適な摂取量や、効果的な理由についてみていきましょう。

プロテインに混ぜる

プロテインに混ぜて一緒に摂取することで、タンパク質の吸収を最大化することが期待できます。

前述しましたが、プロテインの吸収速度とマルトデキストリンの吸収速度がとても近いことが要因です。

よってインスリンの分泌が開始されるタイミングでプロテインが吸収されるので、筋肉に効率的にタンパク質を運んでくれるわけですね。

最適な摂取量は、40gをプロテインに混ぜましょう。

なお40gのマルトデキストリンは約160kcalに相当しますので、ダイエット中の方などはご注意くださいね。

ワークアウトドリンクに混ぜる

ワークアウトドリンクに混ぜることで、エネルギー源の常時補給をより最大化することが期待できます。

マルトデキストリン自体がエネルギーを常時放出してくれますが、トレーニング中を通して摂取することでその効果をより享受できますね

最適な摂取量は、40gをドリンクに混ぜましょう。

質の高いトレーニングを維持できるので、自分のできる100%のトレーニング実施が期待できます。

さらにワークアウトドリンク内のEAAやBCAAを、筋肉に効果的に届ける効果も期待できます。

EAAやBCAAは必須アミノ酸サプリメントで、タンパク質が分解されたのちの最小単位となります。

タンパク質の吸収を補助するということはすなわちアミノ酸の吸収を補助するので、一緒に取るとさらに効果的でしょう。

《参考記事》EAAとBCAAの違いについて【摂取量とタイミングも解説】

トレーニングの1時間前に摂取

トレーニングの1時間前に摂取することで、トレーニング開始のタイミングでエネルギー源を放出させることができます。

マルトデキストリンの吸収開始は、摂取から1時間後ごろと言われています。

トレーニング開始のタイミングでエネルギーの放出を開始し、トレーニング中も継続的に摂取することで、常にエネルギーの高い状態でトレーニングをできます

筋トレの効果を最大化するためにめっちゃ必要な要素ですね。

摂取量は、40gをトレーニング前に飲み物に混ぜて摂取しましょう。

まとめ

最後に本記事をまとめていきましょう。

本記事のまとめ
  • マルトデキストリン摂取のメリット

プロテインとの相性が良くタンパク質の吸収を補助してくれるため、より効果的な筋肥大が期待できる

血糖値の上昇が緩やかでエネルギー源を長時間放出してくれるため、質の高いトレーニングを長時間行うことができる

  • マルトデキストリンの摂取方法

プロテインに40gを混ぜて摂取

ワークアウトドリンクに40gを混ぜて摂取

トレーニング開始の1時間前に、40gをジュースなどに混ぜて摂取

マルトデキストリンを効果的に活用して、周囲のトレーニーとがっつり差をつけましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。