筋トレにプロテインが効果的な理由【筋トレしない日も飲みましょう】

サプリメント

どーも、亀オです。

今回は、筋トレにプロテインが効果的ですという内容の記事を作成しました。

  • 筋トレにはプロテインが必要なの?
  • 筋トレをしなくても効果あるの?

このような疑問を解消できる内容となっております。

本記事の内容
  • 筋トレにプロテインが効果的な理由
  • 筋トレをしない日でも飲んだ方が良い理由
  • 効果的なプロテインの摂取方法

ぜひ最後までお読みいただき、プロテインを効果的に使えるようになりましょう。

筋トレにプロテインが効果的な理由

プロテインが効果的な理由としては、以下のものが挙げられます。

プロテインが効果的な理由
  • タンパク質の吸収が早い
  • タンパク源としてのコスパがいい
  • タンパク質の摂取目標量に到達しやすい

下記で詳しくみていきましょう。

タンパク質としての吸収が早い

吸収が早いことのメリットとして、トレーニング後に最適なタイミングでタンパク質が摂取できるという点です。

筋肉はトレーニング直後に合成を開始し、そのタイミングで筋肉の材料となるタンパク質が必要となります。合成の効果が最も高い筋トレ直後には、吸収の早いプロテインが向いていると言えますね。

通常の食事では、固形を消化してタンパク質を分解していきます。固形を消化するので、時間を要するということですね。

対してプロテインは水溶性のタンパク質であり、消化吸収に優れています。摂取から1〜2時間程度で体内への吸収が完了します。

筋トレ後の補給は、食事でもできなくはないですが、プロテインの方が圧倒的に効果的と言えるでしょう。

タンパク源としてのコスパがいい

プロテインはタンパク源としてのコスパが、通常の食材に比べて圧倒的に最強です。

以下は僕自身が使っている、マイプロテインのミルクティー味の1杯分(25g)から取れるタンパク質量を、他の食材で比較したものです。

プロテイン1杯には25g中21gのタンパク質が入っているので、同じ量を摂れる食材で比較しています。

21gのタンパク質が摂れる各食材の値段
  • マイプロテイン→33.25円
  • 鶏胸肉→75円
  • 鳥もも肉→80円
  • 豚バラ肉→165円
  • 塩鯖→190円
  • 牛バラ肉→270円

ご覧の通りで、プロテインが圧倒的に安いですよね。

筋肉を作る上で、タンパク質の摂取は必要不可欠です。値段を気にせず摂取できるのは助かりますね。

タンパク質の摂取目標量に到達しやすい

筋トレをしている人にとって、タンパク質は1日あたり体重の2倍の摂取量が好ましいとされています。

体重が60kgであれば、60×2=120g以上の摂取が必要です。

この量を通常の食事から摂取するのは、かなり難しい数字だと思います。

しかしプロテインを活用すれば、難なくクリアできる数字となります。通常の食事に加えて、プロテインを3杯ほど飲めばそれだけで60g以上の摂取が可能です。

筋トレをしない日でもプロテインは飲みましょう

プロテインは筋トレの後だけ飲めば大丈夫。というイメージがあるかもしれません。

しかし上記で説明した通り、筋トレをしている人にとって1日あたりのタンパク質必要量があります。目標値に達するには、プロテインを活用することでかなりハードルが下がるのでオススメです。

さらに、筋トレをしていない日でも筋肉の合成は進んでいます筋肉の合成時にタンパク質がないと筋肉は作れないので、必須の栄養素となります。

ここでもプロテインを活用して、必要量の摂取を心がけましょう。

プロテインの効果を最大化する摂取方法

プロテインの推奨される摂取タイミングは、以下の通りです。

プロテインの推奨摂取タイミング
  • トレーニング直後(最優先)
  • 就寝前
  • 起床後

それぞれの推奨理由を見ていきましょう。

トレーニング直後

トレーニング直後は、筋肉合成が最も強くなるタイミングです。そのタイミングにタンパク質を持ってくることで、より強い筋肉を作り出せます。

ベストタイミングでタンパク質を送り込むには、吸収の早いプロテインが特にオススメです。

さらにプロテインと一緒に炭水化物を摂取することが好ましいです。タンパク質炭水化物を一緒に摂ることで、タンパク質の吸収効率を上げることができます。

このような摂取をすれば筋肉がかなり喜ぶことでしょう。ぜひ参考にしてください。

就寝前

就寝前のプロテイン摂取は、就寝時の体内のタンパク質の枯渇を防ぎ筋肉の分解を抑制することができます。

人間は就寝中にもエネルギー消費をしており、糖質によるエネルギー代謝が進むと筋肉を分解してエネルギーに変えてしまいます

タンパク質を摂取して体内のタンパク濃度を上げることで、筋肉の分解を防ぐ効果があります。

ぜひ就寝前の摂取を心がけましょう。

起床時

起床時のプロテイン摂取は、就寝によって食事感覚が空いておりタンパク質が枯渇しているためです。

起床してタンパク質の摂取をしないと、次の食事までかなりの時間が空いてしまします。そうなることで体内のタンパク質濃度が低下し、筋分解が進んでしまいます

こまめなタンパク質摂取をするためにもプロテインは有効ですね。

まとめ

最後に本記事をまとめていきましょう。

本記事のまとめ
  • プロテインは吸収が早い・コスパがいい・タンパク質を気軽に摂取できるというメリットがある。
  • 筋トレをしない日でも筋肉合成は進んでおり、筋肉の材料となるタンパク質が必要
  • 摂取タイミングは、トレーニング直後・就寝前・起床時が好ましい

プロテインを上手に活用して、最速で理想の体を手に入れましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。