筋トレと睡眠の関係【睡眠は超重要です】

トレーニング方法

どーも、亀オです。

本記事では、筋トレと睡眠の関連を解説しています。

  • 睡眠って重要なの?
  • 筋トレと睡眠はどっちを優先すればいいの?

といった疑問を解決していきます。

本記事の内容
  • 筋トレと睡眠の関係
  • 筋トレと睡眠の優先順位
  • 睡眠時間確保のためにできること

ぜひ最後までお読みいただき、筋トレの効果を最大化していきましょう。

筋トレ睡眠の関係【睡眠は超重要です】

めちゃめちゃ当たり前ですが、睡眠は超重要です。
 
筋トレに睡眠が必要不可欠な理由は以下の通りです。
 
睡眠が必要な理由
  • 成長ホルモンは睡眠時に分泌される
  • 睡眠不足によるトレーニングの質の低下
  • 疲労蓄積による怪我のリスク

それぞれを詳しくみてく解説していきましょう。

成長ホルモンの分泌は睡眠時

筋肉の成長には、睡眠時に分泌される成長ホルモンが必要不可欠です。

成長ホルモンは体内の細胞修復に不可欠であり、筋繊維の修復にも深く関わってきます。

この成長ホルモンは、睡眠のレベルが最も深くなった時にホルモンの分泌が開始します。

つまり睡眠の質が低いままだと、ホルモンの分泌を妨げているということになりますよね。

POINT!
質の低い睡眠は成長ホルモンの分泌を妨げる

寝不足によるトレーニングの質の低下

筋トレ時に睡眠不足で自分の最大限のパワーが出力できないというのは、この上ない機会損失です。

筋肉は漸進性過負荷の原則により、常に限界の負荷をかけ続けないと成長しません

漸進性過負荷の原則

トレーニングでの限界の負荷を常にかけ続けないと、筋肉は成長しない

パワー不足によって負荷がかけられないのは、この上なく勿体ないですよね。

対処できる問題は事前に対処しておきましょう。

POINT!
パワー不足は、漸進性負荷の原則により筋肉は成長しない

疲労蓄積による怪我のリスク

睡眠不足による疲労の蓄積は、怪我を招くこともあります。

特に、フォームを崩すと怪我に直結する恐れがあります

怪我でトレーニングができなくなるのも、相当な機会損失になりますよね。

万全の状態でトレーニングに臨むことが、最高の成長に導いてくれます。

POINT!
疲労蓄積でフォームを崩すと怪我に直結する

筋トレと睡眠の優先順位

結論としては、筋トレと睡眠はバランスを取りましょう

その上で重要視したいポイントは以下の通り。

  • 睡眠時間は、最低6時間は確保する
  • 筋出力が最大化できない時は勇気を持ってOFFを取る

最低6時間は寝る

睡眠時間は最低6時間取りましょう

多くの人は6時間を切ると睡眠不足という認識を持つようです。6時間を上回れば気持ち的にも寝たという感覚を持つことができ、トレーニングに集中できるでしょう。

理想は7〜8時間とされているので、少しづ睡眠時間を確保出来るようにスケジュールを組んでいきましょう。

筋出力が最大化できない時は勇気を持ってOFFを取る

睡眠不足による質の低い筋トレは、非常に効率が悪いです。

前述したとおり漸進性過負荷の原則により、限界まで追い込めない筋トレはあまり意味がありません

睡眠不足だなーと思ったら、思い切って寝て翌日パワー全開でトレーニングしましょう

睡眠時間確保のためにできること

睡眠時間確保のためには、以下の対策が考えられます。

  • 仕事の圧縮
  • 勤め先の近所に住む
  • 家事は土日にまとめる

仕事の圧縮

全会社員の課題ですよね。。僕も日々悩んでいます。

悩みながらも意識している点は、できるだけ1人の空間に長くいることです。

事務処理にしろ、その他業務にしろ、2人以上いると確実に作業効率が落ちると感じています。

管理職の方であれば、部下の効率化を考えてあげることで、自分の時間も圧縮できるのではないでしょうか。

ぜひ仕事を圧縮して、帰宅後すぐに筋トレしましょう。

勤め先の近くに住む

これもシンプルな対策案だと思います。

通勤時間を減らすことでできることが多くなるのは、実に簡単なことですよね。

費用や負担の問題もあり難しい方もおられるでしょうが、時間は有限であり1番の資産です。

少しでも捻出して、通勤時間を筋トレに当てましょう。

家事は土日にまとめる

家事は平日はなるべくやらず、毎日継続すべきことを優先しましょう。

優先すべきはずばり睡眠と筋トレです。

家事は毎日やらなくても結果は同じですが、筋トレと睡眠は毎日の継続が大きく結果に関わります。

そのかわり、土日に全力で家事に取り組みましょう。

まとめ

では本記事の内容をまとめていきます。

まとめ
  • 成長ホルモンは睡眠時に分泌する
  • 疲労蓄積は、漸進性過負荷の原則に反する
  • 睡眠不足により、怪我のリスクが増大する
  • 最低6時間は寝る
  • 寝不足と感じたら思い切ってOFF
  • 仕事の圧縮・近くに住む・家事をやらないなどで、睡眠時間を確保する

筋トレも睡眠も全力で行い、筋トレの効果を最大化していきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。