筋トレ前後での適切な食事のタイミングを解説

食事

どーも、亀オです。

筋トレをしている人にとって、食事のタイミングはとても重要ですよね。しかし筋トレを初めたての頃は、適切な食事のタイミングが分からないことも多いと思います。今回は適切な食事のタイミングについて解説していきます。

この記事を読むこと、適切な食事のタイミングを理解することができます。そして日々の筋トレの効果を最大化し、最速で理想の体に近づけます。ぜひ最後までお付き合いください。

1 筋トレ前後での適切な食事のタイミング

①トレーニング前

トレーニング前は開始60〜90分前に炭水化物30分前にタンパク質をそれぞれ摂るのが好ましいでしょう

炭水化物はゼリー飲料であれば30分ほどで吸収してしまいますが、米や麺などは通常60〜90分で消化吸収され、トレーニング中のエネルギーとしての役割を担います。車でいうガソリンの役割です。ガソリンがなければ車は走りませんし、トレーニングもできませんよね。

そしてタンパク質は、トレーニング中の血中アミノ酸濃度を高めるという目的で、摂取が好ましいです。血中アミノ酸濃度が低い状態でトレーニングを行うと、筋肉を分解してエネルギーに換えてしまう状態となってしまいます。トレーニングをしているのに筋肉が減るという状況になるわけです。

タンパク質の補給には、プロテインや必須アミノ酸サプリメント(BCAA・EAAなど)が良いと思います。

②トレーニング後

トレーニング後は、30分以内に炭水化物とタンパク質を一緒に摂りましょう。終了後30分以内が筋肉への吸収が1番良く、ゴールデンタイムと呼ばれています。

炭水化物はトレーニングで消費したエネルギー補給の意味と、タンパク質と一緒に摂ることで、タンパク質の吸収を助けるという効果があります。ですのでトレーニング後は積極的に摂るようにしてください。

タンパク質は筋肉の材料となる栄養素です。いくら一生懸命トレーニングをしても、材料がないことには筋肉は大きくなりませんので必ず摂るようにしてください。

2 まとめ

今回解説した、トレーニング前後の適切な食事タイミングについてまとめたおきます。

  • トレーニング前は60〜90分前に炭水化物、30分前にタンパク質を摂る!
  • トレーニング後は30分以内に炭水化物とタンパク質を一緒に摂る!

このタイミングでの食事を意識して、筋トレの効果を最大化しましょう。そして、最速で理想の体を手に入れましょう。