腕の血管を出す筋トレ方法

トレーニング方法

どーも、亀オです。

筋骨隆々とした逞しい腕の筋肉って憧れますよね。特に血管が浮き出たバスキュラリティーは逞しさの象徴とも言えます。今回はそんな逞しさを手に入れる血管を出す方法を解説していきます。

この記事を読むことで、以下のことが理解できます。

  • 腕の血管を浮き上がらせる方法がわかる
  • 具体的なトレーニング方法がわかる

ぜひ最後まで読んで、逞しい腕を手に入れましょう。

1 腕の血管を出す方法

腕の血管を出すためには、筋トレによる筋肥大と皮下脂肪の燃焼が必要不可欠となってきます。では順番に解説していきます。

①腕の皮下脂肪を落とす

まずは腕の皮下脂肪を落としましょう。いくら筋肉をつけても、皮下脂肪が多すぎると血管が見えないです。

腕はもともと体脂肪がつきにくい場所でもあります。なので皮下脂肪を落とすのも比較的簡単に行えるでしょう。さらにダイエットや減量をすると、1番最初に痩せてくる部位として腕があげられます。

こういった観点から腕の脂肪は比較的落としやすく、血管も早くに姿を現すのではないでしょうか。

②腕の筋肉をつける

皮下脂肪を落として血管を浮き上がらせるだけだと、逞しい腕とは言えないですよね。そこでマストなのが、そう、筋トレです。

腕を筋トレすると、乗じて腕の血管も浮き上がってきます。これは筋肉を使うことによる血流促進血管拡張が起こっているためです。なので腕を積極的に動かすことで、腕の体脂肪燃焼にもつながりますし、血管も育ってくれます。さらに筋肉もつくので目的に対して、3つのメリットがあります。

特に前腕の血管は、比較的出しやすく脂肪も落ちやすいのが特徴です。次は前腕の筋トレ方法をみていきましょう。

2 前腕のトレーニング方法

①リストカール

リストカールはバーベルを使い、前腕の内側のトレーニングが行えます。

上の写真の赤い部分が前腕の内側ですね。では、具体的なやり方をみていきましょう。

まず写真のようにバーベルを掴み、手首の力を抜き指先を下へ向けます。これがスタートポジションとなります。

そしてスタートポジションから手首だけを動かし、指先を上に向けていきます。ポイントは肘の角度を一定に保って、決して動かさないことです。

この動きを繰り返し、15〜20回を3セット程度行っていきましょう。

②リバースカール

リバースカールは、前腕の外側を狙った種目になります。これもバーベルを使っていきます。

この赤い枠の部分が前腕の外側ですね。では詳しくみていきましょう。

写真のように、バーベルを上から握り腰の前あたりまで下ろしていきます。ここがスタートポジションとなります。ポイントは、上から握ることです。まねき猫のような握り方ですね。

そしてスタートポジションから肘を固定したまま、アームカールのように胸の前まで持ってきます。ポイントは肘の位置を動かさないことです。ここが最重要ポイントとなります。これも15〜20回を3セットほど行っていきましょう。

3 まとめ

では腕の血管を出す方法として、今回のポイントについてまとめていきます。

  • 腕の皮下脂肪を落として血管を出す
  • 腕の筋トレをして血管拡張&筋肥大
  • 特に前腕のトレーニングを重点的に行う

これらを押さえて、逞しい腕を手に入れていきましょう。